三鷹、武蔵野、小金井で、水回りのリフォームにお困りの方は日本住産株式会社へご依頼ください。

水回りリフォーム

水回りリフォームについて

日常、何事もなく使用しているお風呂やキッチン・トイレといった水回りは、築年数が長くなれば比例して劣化も進みます。浴室のタイル床に起こるヒビや繋ぎ目のコーキング切れ。キッチン中からの異臭や結露しやすいトイレなど。こうした劣化は、放っておくとどんどん進んでしまい、修理をするためには大きな工事が必要となってしまいますので、日頃から気にかけておく必要があります。
スマートな見た目と充実した機能を両立させるために水回りをリフォームすることで、それぞれの間取りを活かした癒しとくつろぎの空間を作り上げます。

時期・タイミングは、見た目だけで判断するべからず

水回りをリフォームするタイミングは15~25年といわれています。
劣化の進行速度によりタイミングは前後しますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合、築15~20年経つと、水もれによる腐食やシロアリが原因で土台や下地材が腐食していることがあります。最新の水まわり設備は、毎日の暮らしが快適・便利になるだけでなく、光熱費の削減にもなります。
設備や建材の劣化時期と、暮らしの中で新しい暮らしへの要望が高まった時期。両方を考えると、築15年を過ぎたころから工事を計画し、築20年を目安に施工すると良いでしょう。

住まいづくりのパートナー日本住産株式会社

〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山2丁目21番18号

0422-48-1113 0422-48-1117
お問い合わせ

Access